top of page
世界遺産 下鴨神社(しもがもじんじゃ)賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)

ブログ

糺の森を描き続けて五十年

誰の事か、と言えば、吉田 和生画伯のことです。

糺の森を四季ごとに訪ねられて五十年。「土日曜日に糺の森で先生に遇わなかった日はありません。」と近隣の住民は語っています。

平日は学校の美術の先生だったそうです。


今、想うと、三十号・四十号、時には百号と、大きなキャンバスを自転車で、雨に日も、風の日も運ばれるのは大変な事であったと思います。

当時は千本丸太町にお住まいでしたから、糺の森近くに住まいする住民がすすんで協力し、キャンバスをお預かりしておりました。

当然、神社も協力し、倉庫を提供していましたので、たまたま倉庫へ用事に入ると、油の匂いがしたことを思い出します。


つい、先立って、京都市の美術館でその五十年間の作品展が開催されました。年代順に掛けられている作品を拝見すると、確かに歴史を感じられます。


「それはそれで、面白い季節ですが、永い冬枯れの時期を通り越して、花芽の季節の到来を感じ始めるころの糺の森は、さらに森全体に春の鼓動を風さきに感じました。静かに季節の流れを聴き、森と光と会話しながら、そのまま夏・秋と楽しみました。」と語られていました。



糺の森の移りかわりを眺めて五十年とは羨ましいことです。



Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page