御祭神と御神徳
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


正式には「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」とよびます。
京都は鴨川を中心に町づくりがなされており、鴨川の下流にまつられている
お社というところから「下鴨(しもがも)さん」とか「下鴨神社(しもがも)」と親しくよばれています。
東西の両本殿はともに国宝に指定されています。
【ご祭神】
賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと) 西殿
玉依媛命   (たまよりひめのみこと) 東殿

賀茂建角身命は、古代の京都をひらかれた神さまです。
山城の国一宮として京都の守護神としてまつられています。
平安京が造営されるにあたって、まず当神社に成功のご祈願が行われました。
以来、国民の平安をご祈願する神社と定められました。
 山城国『風土記』などに、玉依媛命が鴨川で禊(みそぎ─身を清める儀式)を
されているときに、上流より流れ来た丹塗の矢を拾われて床におかれたところ、
矢は美しい男神になられ、結婚された。
そしてお子をお生みになったとの神話が伝えられていますので、古くから縁結、
子育ての神さまとして信仰されています。
当神社は、国家国民の安穏と世界平和をご祈願する守護神であるとともに、厄除、
縁結、安産、子育、交通安全など人々の暮らしを守る神さまです。

【ご神徳】
賀茂建角身命は、農耕をひろめ民生の安定につとめられたことによって世界平和、五穀豊穣、殖産興業、身体病難解除。
また、『古事記』『日本書紀』には、賀茂建角身命を金鵄八咫烏(きんしやたからす)として表わされた御功績が伝えられ
ているとおり、導びきの神、勝利の神、方除、厄除け、入学、就職の試験などの合格、交通、旅行、操業の安全等多方面
に御神徳を顕わしておられる。
 御子神、玉依媛命は、『風土記』に御神威が伝えられている。
婦道の守護神として縁結び、安産、育児等。また、水を司られる神として著しい御神徳を発揚せられている。