今年のみたらし祭

 今年の土用の丑の日は、七月三十日です。その日にみたらしの池で足つけの御祓いをしていただくためには、どうしても順番待ちの行列をしていただかなくてはなりません。
 
 おおぜいの皆さんが一度に御池にお入りになる坂の橋をおりられると、大変なことになります。
 
 御池で足つけをして御祓いのお参りされるなかには足が痛いので、腰が悪いのでとの方々がおいでになります。
 
 ですから、事故を心配しなければなりませんので、なにとぞ、ご協力をお願い致します。
 
 少しでも、ゆっくりと、お参りいただくため、今年は、夏の土用の期間十八日のうち二十三日から三十一日までの九日間、みたらし祭といたしました。
 
暦のうえの土用は、年に四回ありますが、いずれも、季節の別れ際で気候のきびしいときの十八日間です。身体を調整していただく期間です。ぜひとも、ご家族、皆さんでお参りください。
 
 最近は、ご家族で、ご一緒にお出かけになることがなくなったとか、
 
家族で食卓をかこむことさえしなくなったと、新聞やテレビで見たり聞いたりしますが、みたらし祭のお参りを拝見していますと、そうではありません。お孫さんがお祖父さん、おばあさんとまた、ご両親、ごきょうだいとご一家、皆さんがにぎにぎしく、はっしゃぎながらみえています。
 
まさしく、家族の姿です。家族そろって、ご飯を食べたり、おしゃべりしたり、まして、お寺や神社にお参りする姿など遠くに忘れ去られたことのように思えますが、まだまだ、家族の本質がここにあります。神社の御祭とは、こういうことであったのです。

 

HOME

下鴨神社について



交通アクセス・MAP


ご祈祷について



ご婚礼について




祭典行事

特別拝観について

宮司挨拶























式年遷宮について


English

お問い合せ