流鏑馬神事
5月3日(水)

流鏑馬神事とは葵祭が平穏無事に行われるように祓い清めの神事。 糺の森にある500mの馬場に設けた3つの的を公家装束の射手が 馬上勇ましく駈けながら、掛声と共に矢を放つ。 当たれば豊作、諸願成就、打ち抜いた的板は縁起もので、 当たり的として授与される。 雄壮さの中にも華やかさがある神事である。

平成28年5月3日(水)※小雨決行
受   付 正午より受付開始 約1000席
 
料   金 1席 2000円 ※葵祭パンフレット付き
日 程 午後 1時
本殿祭(本殿に於いて奉告祭を行う) 
  午後1時40分  行列が馬に乗り馬場に入る
  午後2時 射手が馬に乗り流鏑馬開始
  午後3時杉 終了予定
駐車場 30分 200円  
※流鏑馬神事では、500mの馬場に3ヶ所 的(1尺5寸:45cm)が設けられます。馬から的までの距離は8尺:1m80cmあり、その的を射抜く神事です。5頭の馬が4回走ります。(※馬の調子により変更いたします。)